• 予防法務とは
  • 無料相談実施中
HOME > その他依頼内容

その他依頼内容

離婚問題について

債務整理について

安易な問題先送りや一時的な手当ではなく,真の解決・生活の立直しまでサポートします。
次のような問題を解決します。

債務整理:司法書士への依頼

債務整理(特定調停は除く。)は,ご本人様でもできます。司法書士に依頼した場合のメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
  • 債権者が貸金業者の場合,ご本人様への直接の取立てがストップする。
  • ご本人様に代わって(代理して)債務整理をすることができる。
    (ただし,司法書士は代理できる範囲に制限があります。司法書士・弁護士以外の職種では,ご本人に代わってすることはできません。)
  • 約定の債務額から法律上の債務額への減額が,ご本人がご自分でする場合に比べて簡単にできる場合が多い。
  • 過払いの場合の取戻しも,ご本人がご自分でする場合に比べて簡単にできる場合が多い。
  • 債務が残る場合でも、無利息・分割払いの和解ができることが多い。
デメリット
  • 報酬を支払わなければならない。
  • 弁護士・司法書士によって整理方法・報酬額が異なる。
    当事務所では,リーズナブルな費用で最後まで誠意をもって支援いたします。まずはお気軽にご相談ください。
債務整理の無料相談実施中!!ご予約の上、お起こし下さい。無料相談受付中!!お電話でのお問い合わせはこちら042-512-7506 営業時間 月~金/9:00~20:00 土日祝/9:00~17:00※メール相談24時間受付中 ご希望であれば土日祝でも対応致します!!

債務整理にするご相談は,ご依頼を正式にお受けするまでは無料でお受けしています。
ご費用面,債務整理の進行の理解,最終的な解決までの見通し等,お客様の事情に合わせた解決方法,そのメリット・デメリット等,多くの疑問・心配があると思います。その疑問に丁寧にお答えし,ご納得いただくまでご相談に応じます。

ただし,一部司法書士事務所や弁護士事務所の広告(電車内広告やホームページでの掲載)にあるような「何年間取引があれば,過払いになります!」「債務額が半額(もしくは○分の1に減額されます!」等の見通しを受任時にお答えすることはできません。なぜなら,取引の形態によっては必ずしも断言できないからです。

当事務所が債務整理を受任し,受任通知発送後に債権者から開示された取引履歴を利息制限法の利率で引き直して初めて金額が確定いたします。なお,任意整理,破産・個人再生につきましての進行中の相談につきましては,上記一覧表の報酬に含まれます。

無料法律相談 初回のみ・要事前予約
  • 平日夜間、土日祝も対応いたします。
  • 出張相談もいたします
    (交通費等はお客様負担)。
  • 無料法律相談は事前に予約が必要です。
相談予約フォーム

なお、医療過誤等の専門知識の調査を要する相談、事案が複雑な相談等、初回の相談では回答をしかねる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

  • 会社法人設立・創業支援
  • 許可・認可・届出
  • 設立以外の商業・法人登記
  • 相続手続き・相続登記
  • 遺言・生前対策
  • 成年後見・老後の備え
  • 相続以外の不動産登記
  • 裁判業務
  • 賃貸物件をお持ちの方
  • その他依頼 ・離婚 ・債務整理など
  • 時々更新中!!・たくみブログ こちらから
  • お悩み解決集
  • たくみの離婚問題
携帯サイトはこちら