• 予防法務とは
  • 無料相談実施中
HOME > 設立以外の商業・法人登記

設立以外の商業・法人登記

役員の変更

役員の変更

株式会社の役員(取締役、代表取締役、監査役等)が、以下の事由に該当した場合、役員の変更登記を申請する必要があります。

・役員の任期が満了し、役員を改選した場合
・役員が辞任をした場合
・役員を解任した場合
・役員が新たに就任した場合
・役員が死亡した場合

役員変更登記は本店所在地において、2週間以内に行わなければ、登記懈怠となり、過料に処せられる可能性がありますので、ご注意ください。

商号・目的・本店の変更

商号の変更

会社の商号(社名)を変更したい場合、株主総会の決議で変更する必要があります。

商号(社名)は、他の会社と同一の所在場所では、同じ商号は認められていませんが、それ以外の規制は基本的にはなく、商号(社名)は自由です。ただし、他の会社であると誤認されるおそれのある商号(社名)を使用すると、その類似する商号の会社から、損害賠償請求される可能性もありますので、避けたほうがよいことになります。
当事務所では、類似する商号の会社があるかどうかの調査も承ります。

会社の目的の変更

会社の業務・事業内容を追加したい場合、株主総会の決議で会社の目的を変更する必要があります。特に、行政の許可・認可を必要とする事業を行いたい場合、会社の目的にその事業を追加しなければ、許可・認可を受けることは出来ません。

本店所在地の変更(移転)

同一市区町村内で本店の場所を移転する場合、取締役が具体的な移転先・移転の時期を決定すれば足ります。(ただし、会社の定款規定の内容によっては株主総会の決議が必要になる場合があります。)
他の市区町村内に本店の場所を移転する場合、株主総会決議で移転先の住所(最少行政区画まで)を決定し、具体的な移転先・移転の時期を取締役が決めます。

増資・減資・新株発行

資本金の増加(増資)
増資・減資・新株発行

増資は、財務基盤強化のため、または外部に対する信用力の向上のため、さらには資金調達のために利用されています。
増資は、株式を新たに発行したり、資本準備金・剰余金を資本に組み入れることにより行われ、必要な手続き・準備する書類はそれぞれ異なります。
増資を検討している方はご相談ください。

資本金の減少(減資)

減資は、欠損の填補(赤字の解消)のために利用でき、この場合、株主総会の決議が必要になります。また、資本金の減少は、会社の債権者に重大な影響を与えるので、債権者を保護するための手続き(官報公告など)が法律上要求されています。
減資を検討している方はご相談ください。

会社の解散・清算

解散

会社を閉めたい、完全になくしたい場合、解散手続きと清算手続きを行う必要があります。
株式会社・有限会社の解散は、通常、株主総会の決議で決定する必要があります。解散をすることによって会社は、清算手続きに入り、清算の目的の範囲内でなお存続します。また、取締役などの役員は、解散決議が承認された時点で退任することになります。

清算

清算手続きは、清算人が会社を代表して債権の取立て、債務の弁済などを行い、清算事務を終えたところで決算報告に関して株主総会の承認を受けることで終了し、この時点で会社の法人格が完全に消滅することになります。
解散・清算は、官報公告や債権者に対する催告など、法律上要求される手続きが多岐に亘りますので、検討している方はご相談ください。

債権・動産譲渡登記

債権流動化をはじめとする法人の資金調達手段の多様化の状況にかんがみ、債権譲渡登記制度及び動産譲渡登記制度は、それぞれ平成10年、平成17年に創設されました。

債権譲渡登記制度
債権・動産譲渡登記

債権譲渡登記では、「法人」が行う金銭債権の譲渡につき登記がされたときは、債務者に民法所定の通知があったものとみなされ、債務者以外の第三者に対して債権譲渡があったことを主張することができる。債務者に対して、債権譲渡の事実を主張するためには、債権譲渡登記をするだけでは足りず、登記をしたことを証する登記事項証明書の交付を伴う通知をしなければならない。

ポイント

①債務者が特定されていない将来債権も登記の対象にできます。
②債権譲渡登記の存続期間は、債務者が特定されていない場合、10年以内。譲渡される債権の債務者がすべて特定されている場合、原則50年以内。

動産譲渡登記制度

動産譲渡登記では、「法人」が行う動産の譲渡につき登記がされたときは、民法上の対抗要件である引渡しがあったものとみなされ、動産の譲渡があったことを主張することができます。

ポイント

①特定の動産に限らず、集合動産(例.会社所有の倉庫に保管されているパソコン)も対象になります。
②動産譲渡登記の存続期間は、原則として最長10年間。

商業登記の料金表
               
債権譲渡登記の料金表
               
無料法律相談 初回のみ・要事前予約
  • 平日夜間、土日祝も対応いたします。
  • 出張相談もいたします
    (交通費等はお客様負担)。
  • 無料法律相談は事前に予約が必要です。
相談予約フォーム

なお、医療過誤等の専門知識の調査を要する相談、事案が複雑な相談等、初回の相談では回答をしかねる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

  • 会社法人設立・創業支援
  • 許可・認可・届出
  • 設立以外の商業・法人登記
  • 相続手続き・相続登記
  • 遺言・生前対策
  • 成年後見・老後の備え
  • 相続以外の不動産登記
  • 裁判業務
  • 賃貸物件をお持ちの方
  • その他依頼 ・離婚 ・債務整理など
  • 時々更新中!!・たくみブログ こちらから
  • お悩み解決集
  • たくみの離婚問題
携帯サイトはこちら